HOME ごあいさつ 日本作曲家協会のご案内 事業活動紹介 会報 コラム 入会のご案内 お問合せ リンク
HOME | 会報 No.204
 
 

公益社団法人 日本作曲家協会会報 No.204

第62回日本レコード大賞

 〜無観客ながら華やかに開催〜 

会場風景(出演者着席)

LiSAが「炎」で大賞を受賞!

司会の二人 安住紳一郎 吉岡里帆

 第62回「日本レコード大賞」(主催・日本作曲家協会)の最終審査と音楽発表会は、12月30日17時30分から東京・初台の新国立劇場・中劇場において実施されました。
 2020年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、開催も危ぶまれましたが、ソーシャルディスタンスを守るなど感染防止対策を徹底し、無観客開催とすることとなりました。それでも豪華な出演者と素晴らしい演出に恵まれ、華やかに開催する事が出来ました。
 「レコード大賞」は世界的社会現象となったアニメ「鬼滅の刃」のテーマ曲「炎」でLiSAさんが獲得。最優秀新人賞は「恵比寿」を歌唱した真田ナオキさんが受賞しました。
 総合司会は、TBSアナウンサー・安住紳一郎氏と女優の吉岡里帆さんが、アシスタントは江藤 愛さん(TBSアナウンサー)がつとめました。この模様はTBS地上デジタル放送、BS放送、そしてTBSラジオで生放送されました。
 前半のクライマックスでは、最優秀新人賞に真田ナオキさんが選ばれ感涙の表情で「恵比寿」を歌唱しました。
 「歌い継がれる名曲」コーナーでは、鈴木雅之さんが忌野清志郎作品を、島津亜矢さんがテレサ・テン楽曲を素晴らしい歌唱力で披露しました。そして「特別賞」受賞の松田聖子さん、NiziUによるパフォーマンスが、「特別国際音楽賞」を受賞したBTSのリモート出演が、番組に更なる華やかさを加えました。
 続いてステージでは、最優秀歌唱賞を獲得した福田こうへいさんにより「筑波の寛太郞」が歌唱されました。2020年で活動停止を公表し「特別栄誉賞」を受賞した“嵐”によるスペシャル・メドレーで雰囲気は最高潮となりました。
 やがて優秀作品賞を受賞した10組が客席に着いたところで、2020年度の「レコード大賞」が発表され、「炎」を歌唱したLiSAさんが大賞を獲得。感激の歌唱で第62回レコード大賞はフィナーレとなりました。

(写真提供:TBS)

日本レコード大賞

◆LiSA 「炎」

最優秀歌唱賞

◆福田こうへい

優秀作品賞

「I'm Here」 三浦大知
 
「愛をください 〜Don't you cry〜」 純烈
 
「足跡」 Little Glee Monster
 
「香水」 瑛人
 
「世界中の隣人よ」 乃木坂46
 
「猫〜THE FIRST TAKE VER.〜」 DISH//
 
「離れていても」 AKB48
 
「母」 氷川きよし
 
「Fantasista〜ファンタジスタ〜」 DA PUMP
 
「炎」 LiSA
 

 最優秀新人賞

◆真田ナオキ

 

新人賞

◆真田ナオキ
◆Novelbright
◆豆柴の大群
◆Rin 音

特別栄誉賞 

 ◆嵐

特別国際音楽賞 

  ◆BTS

 優秀作品賞

◆氷川きよし
 
◆純烈
◆瑛人

 歌い継がれる名曲

◆島津亜矢(テレサ・テンを歌う)

特別賞

◆Uru
◆鬼滅の刃
◆NiziU
◆松田聖子
◆米津玄師
◆NizuiU

 

特別功労賞

◆梓みちよ ◆中村泰士 
◆小林信吾 ◆服部克久
◆ジャッキー吉川 ◆弘田三枝子
◆筒美京平 ◆前田俊明
◆なかにし礼 ◆丸山雅仁

「ソングコンテストグランプリ・2021」
※作詩部門作品募集について※

今年度も当協会では日本作詩家協会との共同企画として「ソングコンテストグランプリ・2021」を行います。
歌唱歌手にはキングレコードの神野美伽さんが決定しています。

ソングコンテストグランプリで神野美伽さんが歌唱する作詩作品を下記のとおり募集いたします。

募集期間:2021年1月15日(金)~3月16日(火)必着
審査料:一編につき2,000円

詳しくは協会ホームページをご覧ください。
また、YouTube日本作曲家協会公式チャンネルにおいて、岡 千秋委員長、石原信一作詩家協会会長、歌手・神野美伽さん出演で動画による募集映像をアップしています。こちらもご覧ください。
(URL)https://www.youtube.com/watch?v=2bm7DpoalRU
    日本作曲家協会公式チャンネル